出産後、授乳中にも葉酸が必要な理由

葉酸は妊娠中にのみ必要な栄養素と思われがちです。しかも、特に妊娠初期、12週目を過ぎるとせっかく飲んでいたサプリメントを止めてしまうという方も多いようです。普段の食事から十分な葉酸を摂取できている場合は問題ありませんが、もし不足気味なのであれば出産後、授乳中も葉酸サプリの摂取を続けられることをおすすめ致します。

なぜ出産後、授乳期にも葉酸が必要なのでしょうか。また、その時期に合った葉酸サプリとはどのようなものでしょうか。

出産後、授乳期にも葉酸が必要な理由とは?

生まれたばかりの赤ちゃんは引き続き母乳という形でお母さんから栄養をもらって成長します。そして、引き続き盛んに細胞分裂を繰り返して大きくなっていきます。

ですから、生まれた後も赤ちゃんは正常に成長していくために、細胞分裂に必要な葉酸をたくさん必要としています。この時期にお母さんが葉酸不足に陥ってしまうと、赤ちゃんに十分な葉酸を分け与えることができず、赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼしてしまいます。

また、母乳は血液から作られます。造血作用のある葉酸が不足してしまうと、母乳のもととなる血液が不足してしまい、母乳の出が悪くなってしまう上に、母乳の質も悪くなり、この場合も赤ちゃんの成長に悪影響が及んでしまいます。更に、血液が不足することでお母さんは貧血気味になってしまい、赤ちゃんのお世話をする体力がなくなってしまいます。

また、母乳は血液から作られます。造血作用のある葉酸が不足してしまうと、母乳のもととなる血液が不足してしまい、母乳の出が悪くなってしまう上に、母乳の質も悪くなり、この場合も赤ちゃんの成長に悪影響が及んでしまいます。更に、血液が不足することでお母さんは貧血気味になってしまい、赤ちゃんのお世話をする体力がなくなってしまいます。

出産後、授乳中に適したサプリメントとは?

母乳ではなく粉ミルクで赤ちゃんを育てる予定だというお母さんもいらっしゃることでしょう。そのような方にもやはり葉酸は必要です。
葉酸には産後の激しい変化を遂げた子宮の回復を助け、急激に変化するホルモンバランスを整える働きもあります。そのため、一日も早く体力を回復させ、赤ちゃんをお世話しなくてはいけないすべてのお母さんに欠かすことのできない栄養素と言えます。

出産後、授乳期は新しく生まれてきてくれた赤ちゃんのお世話でとても忙しく、お母さん自身の体調管理や栄養管理に気を配るのは実際とても難しいことです。ですから、手軽に必要な栄養を補うことのできるサプリメントはこの時期にこそ大きな働きをしてくれます。

妊娠中は赤ちゃんの先天性障害を予防し、赤ちゃんの成長を促すために主に摂取する葉酸ですが、出産後、授乳期にはお母さんの体調管理のために主に摂取すると言っても過言ではないでしょう。目的が違うわけですから、どのようなサプリメントが適しているかも違います。出産後、授乳中はお母さんの母乳の出を良くし、貧血防止やホルモンバランスを整えることを考えて、葉酸のほかに鉄分やカルシウム、ビタミンB12などが多く含まれたサプリメントを選ぶようにすると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です